ポジションの入れ替え

スポーツと日々の暮らしを綴る > 出来事 > ポジションの入れ替え

ポジションの入れ替え

2014年8月28日(木曜日) テーマ:出来事

実際にノートPCのディスプレイの前に座り、止まることなく変動している市場をご覧になっていると何となくエントリーをしなければならない衝動が沸き起こる事も多いです。

 

だが、不明瞭な思いつきで売り買いをすることは間違ってもしてはいけません知っての通り、為替相場は24時間、いつでもいずれかの外国為替相場はやっているし、市場も、動いています。

 

だからといって、闇雲にエントリーを重ねているとそれだけマイナスになる可能性が上がってしまいます。

 

言うまでもなく、売り買いの数を積む事で、じょじょに勝利する確率が半々になっていくのは事実です。

 

でもこの事は「なんとなく感覚で注文」することとは話が異なります。

 

売り買いの回数を増やすという意味は、自分が「ここがチャンス」と考え付いた勝機を得られたところでの注文回数を重ねるという事です。

 

ただ何となく、休む間もなく取引を重ねるのとははっきりと異なります。

 

為替相場の駆け引きに負けないためにはよく考えて緩急をつけることが肝心です。

 

「ここは!」と思った為替相場の時にはいっそポジションを多くして集中して利益を追求します。

 

「明らかに難解な外国為替市場で、どう動くのか予想できないな」と思った時は、潔く諦めて所有ポジションをひとつ残さず諦めて何もしません。

 

それぐらいのテンポでやった方が最後には売り買いは成功します。

 

外国為替市場の格言には「休むも相場」というものがある。

 

本当に言葉どおりだと思います。

 

FXとはいつでも売買ポジションを所持する事が肝心な事ではなくどの売買ポジションも持たずにじっと待っている事も場合によっては、取引です。

 

そうであるならば、どういう時に、休みどきなのでしょうか。

 

ひとつは、先述した通り、最近の相場展開が見通しがきかない時です高くなるのか安くなるのかわからないような時は、何も考えず行動すると、作った物語とは反対の方向にマーケットが変化してしまい損をする事になります。

 

そうした時はポジションを諦め、見ているだけが最良の方法です。

次に、体の具合があまりよくない時です。

 

健康状態と為替相場に関係性はないと思う投資家もいるでしょうが現実には思いのほか関係あります。

 

健康状態が悪い時は、市場の大少な場面で、正確な決断を下すことが難しくなります。

 

気分が進まない時は取引から遠ざかる事も必要な事です。